2004年06月23日

30日の大幅変更。(生産編)

うう〜む、変更点が多くて書ききれない……。
まあ、ぼちぼち書いていきましょう。

ということで、30日の大幅変更。(戦闘編)の続きです。
以下、引用部は【新技能の追加および仕様変更について】
よりの引用となります。

・付与の変更、入魂の導入
【付与】
・ 付与石の装備アイテムへの装着について、これまでは装着するアイテムの鍛錬度および実行するPCの器用さに応じて装着可能回数、付与効果が決定されていましたが、装着可能回数については装着するアイテムごとに固定値が設定され、付与効果については一定範囲で反映されるようになります
これに伴い、すべての職業が武器および防具への付与石装着を実行できるよう、生産技能「武器付与」「防具付与」を含んだ技能目録アイテム「付与石之取扱」を追加します
・ 付与石と、付与石作成に必要な宝石の値段を変更します
・ 特殊な付与効果をもたらすアイテム「金剛石」「竜の涙」について、適用時の失敗処理を無くし、効果値が変動するよう変更します
・ 「付与石」への気合付与効果をもたらすアイテムについて、「めのう」から「かんらん石」に変更します


【入魂】
・ 装備アイテムの性能に対する付与石の影響が過大であると判断し、付与石作成の際の上昇効果値が全体的に低下するよう調整し、その低下分を補う存在として、作成者自身が生産アイテムに対して能力上昇の効果を付与することが可能な「入魂」という仕組みを導入します
「入魂」は鍛錬度15未満の自作アイテムを対象として「入魂材」を消費することにより、アイテムに能力上昇効果を与える技能です
能力上昇値は実行者の「器用さ」に依存し、上昇する能力については、入魂材と対象アイテムの種類に依存します
入魂に使用する入魂材は多数用意されており、材料に使用した入魂材によって変動する付与効果が変わってきます
各入魂材には+1〜+6までの段階が用意されており、この値の高い入魂材ほど、付与効果の上昇度合いが大きくなる可能性があります
また、1度の入魂によって、複数の付与項目が変動することもあります
・ 入魂仕様の導入に伴い、付与で上昇するパラメータは、入魂と付与をあわせると以前の付与上昇値程度になります

 付与はどうやら上限が下がるような気配。また、装着するアイテムによってその上限が決まるようです。
 付与石は相変わらず神職しか作れませんが、装着はそれぞれ制作者が可能になるよう目録が出来ました。この辺りは嬉しいですね。
 宝石の値段が変わるとのことですが……ま、まさか尋常じゃなく上がるんじゃないだろうか(ガクガク)
 入魂は新しいものですが、こちらは廉価版付与石のような存在らしいです。
 鍛錬材を使用する場合、器用依存で効果上昇。器用馬鹿の生産キャラには嬉しい内容です。
 こちらは制作者限定の付与効果のようです。

・鍛錬
【鍛錬】
・ アイテムの「鍛錬」について、自作のアイテムのみが鍛錬可能となるよう、また、鍛錬対象となるアイテムの価値によって「鍛錬材」の消費量が変動するよう変更します
この変更に伴い、「鍛錬材」のNPC販売価格を変更します

 鍛錬も制作者により可能になるよう変更されるようです。

・仕様によるデータ変更

【付与・入魂・鍛錬仕様変更に伴う既存アイテムのデータ変更】
・ 「付与」「入魂」「鍛錬」仕様の変更に伴い、すべてのPCが所有する下記アイテムのデータ変更を行います
1度でも付与石を取り付けたことのある装備品アイテムに関しては、鍛錬度が最大となり、新仕様適用後の付与石の取付、および入魂・鍛錬ができなくなりますが、付与効果は維持されます
また、装備アイテムへの取り付けを行っていない付与石に関しては、付与効果が半分となります
※上記変更は2004年6月30日のメンテナンス後適用されますのでご注意ください

 うわ、今までのものは減少されずに維持されちゃうんですか。
 30日までの駆け込み付与が予想されます……。

・野外での妖力の減少

【妖力】
・ 一部のアイテムに設定されている特殊効果について、野外での使用が可能な効果を実行した際、戦闘中での使用と同様、妖力を消費するよう変更します
また、それらアイテムの妖力については、特定のNPCと会話を実行することで有償回復されるようになります
・ 野外での妖力消費に伴い、妖力回復効果を有するアイテム「妖注杵」が作成可能となるよう以下の生産アイテムを追加します
「妖注杵」 : 鍛冶屋の技能「武具作成之は」もしくは「防具作成之は」で作成可能
道具として「妖研道具」(NPCから購入可能)が必要
「妖香台」 : 「妖注杵」の材料
侍の技能「木工之ほ」で作成可能
「妖芯香」 : 「妖注杵」の材料
薬師の技能「呪詛丸調合」で作成可能

 戦闘でも野外でも回数は消費されますよ、と。
 そのうえで妖力回復担当のNPCにより有償で回復出来ますよ、と。
 自力回復したい場合は、アイテム「妖注杵」が必要になって、
 侍:「妖芯香」、薬師:「妖芯香」を使い、鍛冶がアイテムを作成可能、と。
 作成の際には「妖研道具」(NPCから購入可能)が必要ですよ。
 そんな感じでしょうか。

 あと1回くらい続きそうです……。
posted by ひいらぎ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 信長の野望Online | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。